海外の社員旅行プラン
まるごとお任せ!

海外社員旅行おすすめの行き先

社員旅行におススメ!海外旅行注目の行き先を紹介。
やりたいことを伝えて、楽しい旅行プランを提案してもらおう!

海外旅行一括見積り

海外の社員旅行「人気の行き先ランキング」

日本から近くて手ごろな値段で行ける台湾や韓国、グアムは大人気!特に福岡や沖縄は1泊2日でも楽しめるぐらい身近な海外です。

今年ついにサイパンが圏外へ。その代わり、セブ島やベトナム、バリ島など東南アジアの国々が人気を延ばしています。

2019年10月まで観光ビザがいらないミャンマーも注目の行き先。ラオスやカンボジアなど、あまりメジャーじゃない国が躍進するかもしれません。

社員旅行に行きたいエリア
台湾
  1. 台湾
  2. グアム
  3. 韓国
  4. ハワイ
  5. タイ・プーケット島
  6. フィリピン・セブ島
  7. シンガポール
  8. 香港
  9. ベトナム
  10. インドネシア・バリ島

ビザが不要のミャンマーはねらい目!

ミャンマー・ゴールデンロックミャンマー・ゴールデンロック

2018年10月から9月30日までビザなしで渡航できるミャンマー(旧ビルマ)。ヤンゴンまで直行便が毎日運航しているため、ぐっと身近な海外になりました。海外に工場を置きたい企業からも熱い視線が集まっていますね。

カンボジアのアンコール・ワット遺跡やインドネシアのボロブドゥール遺跡と並び、世界三大仏教遺跡といわれるバガン遺跡。金色に輝くシュエジゴンパゴダ、仏陀の頭髪が納められているというゴールデンロックなど、一生に一度は見てみたいスポットがずらり。

しかもミャンマー料理はスパイスが控えめで、日本人の口にあうと評判です。このチャンスに「アジア最後の秘境」とも呼ばれるミャンマーへぜひ訪れてみましょう。

今ならビザが不要!海外への社員旅行は「神秘の国 ミャンマー」へ>>

アジアのビーチリゾートが人気急上昇

セブ島・ジンベイザメウォッチングセブ島・ジンベイザメウォッチング

2017年には9位だったセブ島が6位に、12位だったバリ島が10位に浮上。タイ・プーケット島やベトナムも含め、アジアのビーチリゾートが躍進しています。

セブ島で最も注目を集めているのがジンベエザメを間近でみることができるアクティビティ。中心地から少し離れていますが、野生のジンベイザメウォッチングを楽しむグループが大勢います。アイランドホッピングも楽しめるので「グアムはもう飽きた」というグループはぜひセブ島を検討してみては?

世界最長の橋が完成し、注目を集める香港・マカオ

香港・マカオをつなぐ港珠澳(こうじゅおう)大橋香港・マカオをつなぐ港珠澳(こうじゅおう)大橋

時差1時間程度、日本から4~5時間で行ける香港は、台湾同様身近な海外です。香港ディズニーランドや100万ドルの夜景が楽しめるヴィクトリアピーク、光と音のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」など、香港ならではのきらびやかな夜が楽しめます。

そして2018年10月、ついに世界最長の海上橋を使って香港からマカオまでバスで移動できるようなり、ますます注目を集めています

マカオはラスベガスさながらの本格的なカジノを体験できるのも人気のポイント。香港でも台湾に負けないグルメも満喫してきてください。

譲れない条件を決めたらまず相談!
海外旅行 無料相談

海外社員旅行で人気のプラン例

グアムでアクティビティ・ショッピング

8~11万円

グアム社員旅行で最も多い要望は自由行動!それぞれがマリンアクティビティやゴルフ、観光、ショッピングなどを楽しみ、どこか1日は一緒に親睦を深められるプランが希望です。

ビーチBBQや眺めのよいレストランでパーティ、サンセットディナークルージングなど、普段は交流のない部署同士でも自然にコミュニケーションが深まります。

チームビルディングプログラムにぴったりな提案もしてもらえますので、気軽に相談してみましょう。

グアム社員旅行のプラン・費用ついて詳しくはこちら>>

  1. 1日目

    ナイトマーケット

    出国→グアム空港到着→ホテルでのんびり→夕食・ナイトマーケットなど

  2. 2日目

    マリンスポーツ ©PICグアム

    終日自由行動(例:マリンアクティビティやゴルフなど)→全員でビーチBBQ

  3. 3日目

    グアム空港出発

    グアム空港出発→帰路

台湾で癒しとグルメ三昧

6~8万円

何度行っても楽しめる台湾は、社員旅行でいまやNo.1の人気を誇ります。観光にグルメ、ショッピングなどバランスよく楽しめるプランを希望する職場が多いようです。

夜市まで歩いて行けるホテルが人気。千と千尋の神隠しの世界が楽しめる九ふんや、天燈上げが体験できる十分、茶芸体験、カバランウイスキー蒸留所など、オプショナルツアーが充実しています。

温泉も楽しめる台湾は、日本人にとって楽しめる海外ということですね。

台湾社員旅行のプラン・費用について詳しくはこちら>>

  1. 1日目

    台北101

    出国→桃園空港到着→小籠包のランチ→台北101や台湾故宮博物院などの観光→夕食・夜市など

  2. 2日目

    天燈上げ

    終日自由行動(例:龍山寺で占い、九份観光やゴルフなど)→全員で夕食・天燈上げ体験

  3. 3日目

    台湾スイーツ

    台湾雑貨のショッピング、スイーツを楽しむなど→桃園空港出発→帰路

韓国でグルメを楽しむ

6~8万円

時差のない韓国は、仕事帰りに出かけても無理がない行き先。福岡や沖縄からなら国内旅行よりも身近かもしれません。

社員旅行では基本的には自由行動で、ゴルフやカジノ、観光、ショッピング、韓流ドラマロケ地巡りなど、思い思いに過ごすのが定番のようです。

夜はおいしい韓国料理や焼き肉でわいわい盛り上がれば、コミュニケーションも深まりますね。「韓国のハワイ」といわれる済州島も人気急上昇中です。

韓国社員旅行のプラン・費用について詳しくはこちら>>

  1. 1日目

    明洞

    出国→仁川空港到着→明洞散策・ランチ→明洞ナンタ劇場・エステやあかすり体験など→マーケットで食べ歩き

  2. 2日目

    仏国寺(プルグクサ)

    終日自由行動(例:釜山観光やロッテワールドアドベンチャー、ゴルフなど)→全員で焼き肉

  3. 3日目

    韓国焼き肉

    ブランドショッピング、スイーツを楽しむなど→仁川空港出発→帰路

譲れない条件を決めたらまず相談!
海外旅行 無料相談

海外の社員旅行で行き先を選ぶポイント

海外の社員旅行で行き先を選ぶポイント

社員旅行で海外に行くなら、もちろん日程や費用の問題はありますが、具体的に目的は何か、何をしたいかを決めると、行き先も自然に決まってきます。

自分たちで格安の航空券を手配し、ホテルやアクティビティを予約してと考えている幹事さんもいらっしゃるかもしれませんが、こういった手配旅行は手間がかかる上、意外に高くついてしまうことも。航空券で団体割引が適用されるのは、旅行会社のみなので注意が必要です。

また、少ない人数なら格安のパッケージツアーを利用するという手もありますが、フライト時間が中途半端で現地でゆっくり過ごせないなど、のデメリットもあります。

オーダーメードのオリジナルプランと聞くとつい「高いのでは?」と思ってしまいがちですが、団体料金が適用されるなど「意外に安かった!」ということが多いのであなどれません。また、大人数だとホテルから予約を断られるなどという不便さもあります。

人数の多い職場旅行や社員旅行などは、ぜひ旅行会社に相談して、自分たちの意向にぴったり合う、お得なオリジナルプランを提案してもらいましょう。

手配方法 比較表
関連記事
旅行会社と契約後、急きょ社員旅行がキャンセルになったら?

海外旅行でのイベントについて

海外旅行でのイベントについて

社員旅行で「したいイベント」について尋ねてみると、

  • みんなでスポーツを楽しみたい
  • 何か自分で作ったり、やってみたりしたい
  • 普段できないことを、やってみたい
  • 料理は、その土地の特産品が食べたい

さまざま意見がありますが、イベントを決める際に重要なことは、会の主役は誰か、会の目的は何かを、ハッキリさせておくことです。

社員旅行では上司・部下など、みんなで楽しめるイベントを企画するよう心がけることが大切です。準備段階から、盛り上げ役に協力してもらうとよいでしょう。

譲れない条件を決めたらまず相談!
海外旅行 無料相談

海外旅行での注意点

行く前

社員旅行で海外に行く前の健康管理

海外旅行時には国内旅行とは異なり、時差や気温の変化、長時間の飛行などにより、体にも心にも大きなストレスがかかります。このため時として思いもかけない健康上のトラブルをおこすことがあります。できるだけ旅行先での健康上のトラブルは避けたいものです。
まずは旅行前に考えていたほうが良いことを挙げてみました。

(1)持病のチェック
出発前から体調が悪いと抵抗力や集中力が落ち、病気や怪我をしやすくなります。出発前には体調を整えておくことは大切です。

(2)予防接種
予防接種には2つの側面があります。
一つは入国時などに予防接種を要求する地域があるので、旅行のために絶対必要なもので、 もう一つは日本にはない感染症に海外で感染することから自分を守るためのものです。
ワクチンの種類によっては2~3回接種する必要のあるものもあります。
海外旅行に行くことが決まったら早い時点で、接種するワクチンの種類と接種日程の相談をしておきましょう。
旅行中

海外旅行での窃盗

旅行先では、日本にいるのと同じ感覚で行動し、旅行中に盗難の被害にあう例が多いようです。置き引き、スリ、車上狙い、強盗などが多発しています。被害にあわないために、パスポートを上着内ポケット等に入れる等しっかりと身に付ける工夫をし、特に人が多く集まる観光地や公共の交通機関の中やターミナル、ショッピング街では細心の注意が必要です。

パスポートをなくしてしまうと、旅行がキャンセルになったり、途中で旅行が中断したりするだけでなく、紛失・盗難にあったパスポートは、偽造され不正な出入国に使われ国際的な犯罪に利用される場合もあります。パスポートの管理はしっかり行いましょう。
帰国後

病気の潜伏期

病気には、潜伏期があり、感染してもすぐには発病しません。熱帯を中心として海外には潜伏期間の長い疾患が数多くあります。 このような外国の病気は通常日本には存在しないので、具合が悪いからと病院で受診しても、医師は外国で感染した病気には思いが至らず、診断が遅れ、それが命に関わることも考えられます。

海外旅行から戻った後2ヶ月程度は、体調に異常があれば早めに医療機関を受診し、海外へ行って来たことを必ず医師に告げた上で相談をしてください。
国内の社員旅行で社員旅行netが選ばれる3つの理由
  • リピーター続々
    50,000件突破!

    2006年にサービス開始以来、何度もリピート利用してくださる幹事さん多数!

  • 社員旅行専門
    100社集結

    大手から地域密着型の旅行会社まで、ベテランの担当者が親身に相談にのります。

  • 入力時間
    最短1

    入力にかかる時間はわずか1分程度。社員旅行専門の旅行会社を厳選紹介します!

社員旅行のプロを厳選紹介!国内の社員旅行で行き先が決まってなくても相談にのります!

社員旅行や職員旅行、行き先は国内に決めたとして、いちばん迷うのはどこにするかですよね?そんなときは、まず第1希望を決めて、あとは旅行会社にお任せ。昨年は○○に行ったので、別の行き先を提案してほしい、会社からバスで2~3時間で移動できるところにしてほしいなど、優先したい要望を伝えればOKです。後は、ベテランの担当者がぴったりな行き先やプランを提案してくれますよ。

参加旅行会社バナー一覧

社員旅行は、早めの準備がポイントです。まずは、社員旅行の見積りをまとめて取り寄せよう!
複数の社員旅行プランをご提案。一番希望に合う会社と打ち合わせすることで、スムーズに計画を進めていきましょう!
社員旅行 一括見積り
社員旅行 一括見積り

Copyright © Market Place Japan, Inc. All Rights Reserved.