24時間対応・ご利用無料・全国対応! 国内旅行一括見積り 海外旅行一括見積り

自由度の高い社員旅行を企画!秋川渓谷でグランピング&テラスBBQ1泊2日バスツアープラン【前編】

おしゃれなグランピングを楽しむツアー

「社員旅行に行きたくない!」「団体行動は苦手・・・」それは「社員旅行net」編集部のあるわが社でも同じこと。部署が違うとまったく会話もないまま1日が終わり、下手すると数か月顔も合わせないということも。

同じ社員なのに、他の事業部が何しているか全然わからないというのは、会社としてすでに終わっている??これではマズイと考えた編集部が企画したのが、注目のグランピング&テラスBBQツアーです。

若手社員が多いため、結婚したばかりで子どもが小さい、リモートワーカーが多いという事情があるので日帰り可能な場所を物色。できれば会話が弾む(と思われる)BBQを取り入れたい。

しかしながら虫が苦手な女性社員のために「おしゃれで快適なアウトドア」を模索しました。

見つけましたよ!秋川渓谷にあるおしゃれなBBQテラス。それでは早速ご案内しましょう!前編では社員旅行の様子をレポート。後編では企画(プランニング)から終了までの幹事の仕事をご紹介します。

イマドキのIT企業が楽しんだ日帰り&1泊2日グランピング・テラスBBQ社員旅行。自由すぎる社員が集まる企業でもこれなら簡単(多分)です!

秋川渓谷でグランピング&テラスBBQプラン!東京発着日帰り&1泊2日モデルコース

貸切バスで出発!

貸切バスを利用すれば、秋川渓谷までラクラクアクセス!バス車内ではお酒を飲んだり、ゲームをしたり、自由に盛り上がることができます。

しかし、グランピング施設はいま注目を集めておりどこも予約でいっぱい。ようやく宿泊予約が取れたのが金曜の夜。会社を半休して独身メンバー6名が前乗りし、取材・撮影を兼ねたグランピング宿泊を楽しむことに。

仕事の都合で参加できなかった社員の皆様、申し訳ありません!
【1日目】

時間 スケジュール
12時 グランピング参加メンバーのみ渋谷出発(電車・バスを乗り継いで秋川渓谷にある“ふれいあ広場”へ)
16時頃 ふれあい広場着・夜ご飯の準備
18時30分~ 夜ご飯&焚火を楽しむ
23時頃 火の始末をして就寝

【2日目】

7時 用事のある社員3名が始発のバスで帰る
10時 チェックアウトからのテラスBBQの準備突入
11時 日帰り組が貸切マイクロバスで到着!
11時30分~15時30分 水辺のテラスでBBQを楽しむ
17時30分頃 貸切バスで新宿駅着・終了

<参加人数のべ22名分の料金>
●貸切マイクロバス 68,200円(税込)
●グランピング宿泊(1泊1食付き×6名分) 107,400円
●日帰りテラスBBQ 85,700円
●駐車場代 3,000円(バスは2,000円)
●飲み物・おつまみ代など 約20,000円
★費用合計:284,300円前後 1人当たり12,923円
こちらの料金はあくまでも今回のプランでかかった費用です。プラン内容によって変わりますので、お気軽に「社員旅行net」にご相談ください!

グランピングサイトは広々!夕食の準備で盛り上がる

秋川渓谷は人気のBBQスポット!夏になると貸切バスをチャーターしてでかける職場も多いのでは?

今回お世話になったのは檜原村近くにある「ふれあい広場」です。電車と路線バスを乗り継いでも行けるので「遅れてくる社員」「途中で帰りたい社員」にもぴったり

それでは早速、グランピング宿泊体験を楽しんだ(苦しんだ?!)社員の声とともにご紹介しましょう。

受付を済ませて路線バスでグランピング施設まで移動

ふれあい広場受付

ふれあい広場受付

渋谷からJR山手線に乗り、新宿駅から中央線・青梅線・武蔵五日市線と乗り継ぎやってきました「武蔵五日市駅」。そこから路線バスで受付のある「荷田子バス停」まで移動。

受付を済ませた後、再び「荏田子」のバス停から路線バスに乗り、グランピング&BBQ施設のある「郷土資料館前」まで行きます。

路線バス車内で電車に乗り遅れた社員が偶然にも合流!路線バスの本数が少ないゆえのマジックです(笑)。

グランピング施設はほぼ貸切!?の状態

グランピングテント

グランピングテントサイトC(6名定員)

ふれあい広場のグランピングテントは3つ。最大6名まで宿泊可能なテントA・Cを社員旅行netチームがレンタル。残り3名まで宿泊できるテントBは別の女子グループがレンタルしていました。

6名定員ラグジュアリーなテントサイトA

ジャグジー付きのテントサイトA(定員6名)

グランピングサイトは土日祝日は3か月先ぐらいまで予約がいっぱい。社員旅行で泊まりたい場合は平日以外は厳しそうです。

こちらのグランピング施設は宿泊できる定員数が15名までなので、それ以上の場合は宿泊は難しいのでご注意を。

みんなで夕食の準備を開始!テントサイトAに集合

テラスが広いテントサイトA

グランピングテントサイトAにはテラスにジャグジーもあり、とっても広々としています。こちらに全員集合し、夕食の準備を始めます。

火起こしチームとお料理下ごしらえチーム。まだ日があるのでゆっくり楽しみながら進めます。

ちなみにこちらのグランピング施設を訪れたのは、11月の2週目の金曜日。紅葉も始まっており、少々肌寒い気候でした。

夕食キットの野菜・肉はカット済で便利!

オーダーしておいた夕食キット

宿泊費用とは別に夕食のキットを注文できます。もちろん自分たちで食材を持ち込んでもOK。

私たちは仕事場から電車・バスを乗り継いでだったので、食材キットをオーダーしました。ステーキ肉、野菜、ピザ用のキット、おつまみなどをそろっている「ウェーバープラン」は2人前から注文可能です。

オプションメニューとして、パエリアキット、チーズのアヒージョも追加できます。

ドリンクやおつまみ類は、武蔵五日市駅前にあるコンビニで調達しました。

ピザ作りに挑戦!伸びにくい生地に悪戦苦闘

夕食用にピザ作りに挑戦

ピザは丸めた生地がキット内に。これを薄く伸ばし、食材などをのせて焼きます。

ピザ屋でバイト経験のない2人が生地を延ばすのに奮闘。

調理器具やスキレット鍋、BBQ用の道具、炭、スパイス、食器などはすべて準備されているのでラクラクです。

焚火もBBQコンロも準備万端

火起こしもどうやら順調に進んでいるようです。

薪を囲んでBBQスタート!火を前に会話も弾みます

準備が整い火の回りへ

日が落ちてすっかり冷え込んできたグランピングサイト。でも、薪が燃える炎を囲むとさほど寒さを感じません。

おしゃべりを楽しみながら異文化交流も!

グランピングBBQスタート

今回は3つの異なる事業部とシステム部門から合計6名が参加。普段お互いにどんな仕事をやっているのか、あまり知らないので、しばし仕事の話で盛り上がります。

また、システムチーム在籍するバングラディッシュの青年・カビルの母国での話や日本でおすすめの観光地の話など、異文化交流も楽しめて面白かったです。

台湾ウイスキー「KAVALAN(カバラン)」がおいしすぎる問題!

台湾ウイスキーKAVALAN

社員旅行で台湾を希望するグループから「台湾のウイスキー工場、カバランを見学したい」という要望、が数年前からちらほらめだつように。台湾のウイスキー、気になっていました。

日本では原酒不足が続き、おいしいウイスキーが品薄状態の中、世界中から注目を集めている台湾ウイスキーのカバラン。2006年に蒸留所を開設し、2008年にはシングルモルトのウイスキーを発売しました。

亜熱帯で熟成が速く、しかも高品質、というこれまでの常識を覆すウイスキーづくり。2010年イギリスで行われたブラインドテイスティングで、本場スコットランドを差し置き、高得点を獲得するという快挙を成し遂げています。

お酒が進むグランピングの夜

台湾土産としていただいた、5種類のミニボトルを今回持参。みんなで少しずつ味見を・・・と思っていたところ、あまりのおいしさにあっという間に飲み切ってしまいました。

翌日の日帰り組から大ブーイングが巻き起こったのはいうまでもありません。

≫台湾社員旅行について詳しくはこちらも参考に

朝イチで帰宅するメンバーと日帰りBBQ組と合流するメンバー

悲喜こもごものテント内

テントサイトAは男性グループが宿泊。テント内ではいびきに悩まされる人々、背が高すぎてベッドから足がでてしまう人など、さまざまなドラマがあった様子。

テント内には冷蔵庫の他、石油ファンヒーターも完備されており、寒さはそれでカバーできました。

簡易シャワーのみで冬は厳しい?

お風呂施設が簡易シャワーがありましたが、冬は気を付けないと風邪をひくかもです。

コーヒーミルやドリッパーも用意

テントの中にはコーヒー豆、ミル、ドリッパー、湯沸かしポット完備。始発の路線バスで帰宅する組は、コーヒーを飲んでキャンプ場を後にしました。

日帰りBBQ組が貸切バスで到着!

貸切マイクロバスが会場に到着

日帰り組が貸切マイクロバスで到着!家族同伴や小さな子ども連れ社員もいたので、新宿駅と武蔵五日市駅の2か所でピックアップをお願いしました。

貸切バスのチャーターは姉妹サイトである「マイクロバス牧場」でお世話になっている、杉並区に営業所があるバス会社「アルモニア」さんです。

川縁にあるBBQテラス!夏は最高、秋は微妙!?

日帰りBBQテラスのスペース

日帰り利用できるBBQテラスは2か所に区切られています。両方をひとつにつないで大勢で貸切もできます。

日帰りBBQテラスは2か所

テラス席からはリバービュー。夏なら涼しくて気持ちよさそうです。

しかし季節は秋・・・。ちょっと肌寒く、薄暗い雰囲気。さっそく火起こしして気分を上げなくては!

子どもたちもお手伝い!火起こしスタート

テラスBBQがスタート

囲炉裏に炭を入れ、さっそくBBQの準備です。

食材はキットなので便利

こちらも食材はカットされているので焼くだけ。お肉や焼きそばなどのベーシックなセット、海鮮類がプラスされたセット、お肉類を国産でそろえたプレミアムセットの3種類から選べます。

注文は5名分からOK。もちろん、自分たちで持ち込みも可能です。

オプションとして生ビールのサーバーレンタルもあるので、もっと大人数ならこちらをお願いしてもいいですね。

寒いけど川遊びで盛り上がる面々

2人ラグビーWC

2人ラグビーワールドカップを開催する人や、河原の石を拾う家族などなど・・・。

河原で遊ぶ家族連れ社員

夏ならもっと楽しく水遊びできです。ふれあい広場ではプライベート渓谷もあり、10名~20名までで貸切BBQもOKだそうですよ。

水着に着替えてそのまま川へダイブも楽しめるようです。

酔っぱらっても安心!貸切バスで帰路へ

貸切バスなら飲んでも寝てもOK楽ちん

テラスBBQを終えて帰宅する社員たち。キャンプ場までアルモニアさんが貸切マイクロバスで迎えに来てくれました。

小さい子ども連れの社員からは貸切バスでの移動は「必ず座って移動できるのが良かった」「騒いだりしても回りの目が気にならない」という意見がありました

普段は別のオフィスにいる社員や、事業部が別で「話す機会がない社員とお話できてよかった」とおおむね好評だった様子。

残念だったのが、グランピング施設とテラスBBQ施設が別で「グランピングのラグジュアリー感がなかった」という意見も

次回の課題にしたいと思います。参加いただいた社員の皆様、お疲れ様&ありがとうございました。

フリーダムすぎる社員旅行!?グランピング&テラスBBQ1泊2日プランまとめ

関東エリアで大人数で泊まれる(利用できる)グランピング施設を探しましたが、あまり多くないというのが感想です。また、土日祝日はどこも満室でまったく予約が取れませんでした

今回は途中で帰るメンバー、日帰り希望者も多かったので、ちょっと変則的なツアーになりましたが、用事のある人は自由に帰れるというのがメリットだったのではないかと思います。

【後編】では社員旅行幹事の企画から終了までの流れを解説!大変な面もありますが、他のメンバーにも協力を仰ぎ、なんとか成功!?できたのかなと思う編集部でした。

■取材協力

グランピング社員旅行プラン

ふれあい広場
住所:東京都あきる野市乙津789 渓谷BBQ
問合せ先:keikokubbq@gmail.com(予約は公式ホームページから可能)

アルモニア(貸切バス)
住所:東京都杉並区永福4丁目13-1

社員旅行プランをまとめて取り寄せ!
社員旅行のプロ大集結!100社以上参加!

社員旅行 一括見積り 社員旅行 一括見積り

関連記事

最近の投稿

  1. 新しい働き方
    オリンピックや新型コロナウィルス流行の影響もあり、導入する企業や会社が急増中の「新しい働き方」。リモ…
  2. タヒチへの直行便「エアタヒチヌイ」
    20万円の予算があればタヒチに行けるかも!社員旅行や視察旅行、会社の周年記念旅行にぜひタヒチ旅行も検…
  3. 社員旅行の場所が決められない
    社員旅行幹事を任された場合、いちばん迷うのは「行き先」でしょうか?実際に「社員旅行net」を利用した…
  4. 父母ヶ浜
    瀬戸内海・讃岐山脈・三豊平野と美しい自然に恵まれている香川県三豊市。数々の絶景スポットがあり、多くの…
  • 箱根旅行を楽しむ
  • 韓国旅行を楽しむ
  • 沖縄旅行を楽しむ
  • 北海道旅行を楽しむ
  • 熱海旅行を楽しむ
  • 伊豆旅行を楽しむ
  • グアム旅行を楽しむ
  • 台湾旅行を楽しむ
【日本旅行北海道限定!】ハワイ社員旅行航空券無料キャンペーン実施中
ページ上部へ戻る