箱根社員旅行プラン
まとめて取り寄せ!

箱根の温泉旅館やおススメの観光地、人気グルメ、アクティビティなどに詳しいプロが、楽しい社員旅行プランを提案します。

人気の箱根旅行を楽しむ

社員旅行の行き先、第4位にランクされている箱根。都心から近く、全国第5位の湧出量を誇る温泉があり、古くから観光地として発展してきた歴史があります。最近では、富士山観光と合わせて海外からのお客様にも人気。火山活動の迫力を間近に感じられる大涌谷は、定番観光スポットになっています。

東京からのアクセスの良さはダントツ。仕事帰りに宴会を兼ねて宿泊。翌日はゴルフや観光を楽しんでというプランは大変人気があります。主婦の方が多い職場の場合、泊まりは無理だけど日帰りなら参加できるということがよくあること。その点、箱根なら無理なく企画できますね。

最近注目が集まる研修目的の社員旅行、職場のコミュニケーション力向上のためのチームビルティング、スポーツイベントなどに利用できる施設やプログラムも充実。手頃なハイキングコースもあり、撮影旅行や絵画教室の旅行などにもぴったりです。

「社員旅行net」ならプロに全部お任せOK。宿泊や宴会、交通手段だけではなく、観光や食事場所、おススメのアクティビティなど、魅力的なモデルプランを提案してもらいましょう!

箱根社員旅行プランは
プロにまとめてお任せ!

箱根社員旅行、予算はどのぐらい?

社員旅行や社内旅行で箱根を希望する依頼内容を調査してみると、最も多い出発地はダントツで東京を含めた関東エリア。こちらで全体のほぼ9割を占めます。次いで多いのはやはりアクセスしやすい名古屋や静岡からの出発でした。日帰りや金曜夜発で1泊2日が多いのも、箱根ならではですね。

「旅行中にやりたいこと」についての要望をみてみると、ほとんどが温泉宿泊で宴会希望、翌日は現地解散でというものです。関東エリア出発の移動であれば、行きだけ貸切バスをチャーターする、2日目だけ現地観光用にチャーターするのも便利。費用を抑えることができ、フレキシブルなスケジュールを立てることができます。費用は1泊2日で2万~3万程度で、2日目のゴルフや観光は自由、各自負担とするのもありです。

また、それ以外で要望が多いのが、スポーツを含めた体験プログラム。みんなで何か一緒に楽しみたいという要望が出ています。ただ宴会して、観光してで終わるのではなく、チームの連帯感や会社組織内でのコミュニケーション活性化を求めた企画が人気のようですね。

箱根行きに便利な小田急ロマンスカーですが、団体割引(15%割引)が適用されるのは25人以上です。箱根観光に便利な箱根登山鉄道、バス、ケーブルカー、ロープウエイなどの乗り物が乗り放題な「箱根フリーパス」を活用すると、小田急線も往復利用でき、さまざまな施設が優待・割引で利用できます。小田急線沿線に住んでいる職員が多い、会社が沿線にあるという場合は、かなりお得に活用できますね。

また、JRは8人以上なら団体割引が適用されますし、新幹線の場合は、回数券を活用することもできますので、できるだけ費用を押さえたい、格安で箱根ツアーを楽しみたいという場合は、旅行会社に遠慮せずに相談してみましょう。オリジナルプランだと高いと思われがちですが、プロが集まる「社員旅行net」なら心配ご無用。プランの自由度が高く、しかも、団体扱いなので費用を抑えることができますよ。ぜひ、相談してみましょう。

箱根社員旅行プランは
プロにまとめてお任せ!

箱根社員旅行、おススメのホテルやプランは?

芦ノ湖

社員旅行や研修などで箱根に行く場合は、土日を利用して1泊2日でいく場合が多いようです。年末の忘年会や慰安旅行として金曜の夜からでかけ、現地で宴会&宿泊、翌日は現地解散のパターンも同じぐらい。お店の職場旅行、小さな営業所単位ででかける社内旅行なら、家族も連れてというケースもあるでしょう。

箱根にはたくさんの宿泊施設がありますが、箱根湯本なら「湯本富士屋ホテル」、「ホテルおかだ」、「箱根パークス吉野」、「ホテルマイユクール祥月」などが、団体向けプランが充実しています。強羅エリアなら「箱根強羅ホテル」、「ホテルグリーンプラザ強羅」。ちょっと贅沢感を味わいたいなら、「星野リゾート 界」や「富士屋ホテル」でしょうか。

家族や社員だけでのんびり過ごしたいなら宿まるごと貸切もいいですね。芦ノ湖近くにある最大で24名まで貸切可能な「Relax Garden 箱根」。BBQテラスもあります。同窓会やクラス会などで、遅くまでゆっくりお酒を酌み交わしたい!ということなら、「四季倶楽部 箱根星の家」や貸別荘の「サンテラス箱根」も。もちろん、小さな宿であれば、人数に応じて貸切対応してくれるところもたくさんあるので、どんどん相談してみましょうl。

【参考予算:1泊2日で2万~4万(東京発)】
日時 スケジュール
1日目 夜出発→温泉旅館で遅めの宴会→二次会(カラオケなど) or ホテルでエステなど
2日目 朝食→ゴルフ or 観光(大涌谷、芦ノ湖で遊覧船など)→昼食→観光(星の王子様ミュージアム、箱根関所など)→帰宅
都心の会社なら仕事終了後、金曜夜出発にも人気のパターン。遅めスタートの宴会OKの旅館を手配してもらえます。見積り依頼の際、希望を出しましょう。
人数が多い場合は二次会場も押さえておくのばベスト。メンバーに女性がいてコンパニオンを呼びたい場合は、女性にエステをプレゼントすると喜ばれます。
翌日は自由行動で現地解散もよくあるパターン。観光先へのアクセスが便利な点も箱根のメリットです。温泉のはしごも楽しそう。

箱根社員旅行プランは
プロにまとめてお任せ!

団体におススメのスポット&アクティビティは?

チーム力が試される、スポーツ系アクティビティ

フォレストアドベンチャー

自然共生型アウトドアパークとして注目を集めている「フォレストアドベンチャー」。箱根のパークは「箱根湯本駅」から無料送迎バスで約2分と便利な場所にあり、穴場の立ち寄り先として注目されています。身長110㎝以上からOKの「キャノピーコース」は、学校の遠足にも人気。体力がない方でも気軽に利用できます。

2014年に登場したクライミングウォール「クリフチャレンジャー」は、初心者からボルダリング経験者まで楽しめる11ルートあり、全国にあるフォレストアドベンチャーの中で箱根唯一のアクティビティ。職場の仲間とチームをつくり、チャレンジしてみてはいかがでしょか?

本格的な研修を希望する場合は、チームビルディング研修・リスクマネージメント研修などの団体プログラムも用意されています。

すぐ近くには手ぶらで楽しめる「箱根バーベキューテラスWimpy」や古民家風里山温泉「箱根湯寮」もあり、日帰りで貸切バスをチャーターしてというのもいいですね。お子さん連れの社員旅行にもぜひ検討してみてください。

貸切バスを1泊2日で利用するなら、帰りは御殿場経由で、パークゴルフを楽しむのもいいですね。「御胎内温泉健康センター」の向かい側には、富士山を望む、本格的なパークゴルフコース「樹空の森」があります。汗を流した後は、健康センターでさっぱりと汗を流して帰れますよ!

地元名産や自然体験プログラムが充実

寄木細工

箱根の名産品といえば寄木細工!「箱根園」では、コースターなど簡単なものですが、寄木細工の技法を使った手作りを楽しむこともできます。また、「ホテルグリーンプラザ強羅」ではガラス細工や陶芸体験、サンドブラスト(ガラスに砂を吹き付けて絵を描く)、ドライフラワーのリースづくりなどが楽しめる「クラフトハウス」があります。

観光のついでにということであれば「箱根ガラスの森」にある体験工房。ガラスのパーツを熱を加えて熔かし合わせる「フュージング」という技法を使ったオリジナルアクセサリー作りができます。

美しい富士山を望む景勝地、芦ノ湖では、モーターボートクルージングや水上スキー、ウェイクボード、カヌー、カヤックも楽しめます。話題の九頭龍神社に参拝しがてら、こういったアクティビティを楽しむのもおススメです。

箱根の土木遺産・近代産業遺産をチェック

箱根鉄道

実は箱根登山鉄道。大正8年に開通した、日本唯一の本格的山岳鉄道だってご存知でしたか?「小田原~強羅」間全線が、平成19年度選奨土木遺産に認定。箱根鉄道そのものも近代産業遺産認定を受けています。

また、箱根を象徴する宮ノ下の「富士屋ホテル」は、明治11年創業。こちらも近代産業遺産認定、登録有形文化財認定を受けています。外国人専用のリゾートホテルとして開業。本館は寺社建築風の瓦ぶき屋根、唐破風玄関が特徴的です。

館内には見事な彫刻や絵画、書など、芸術作品が飾られています。花御殿には史料展示室もあるので、創業から130年以上を誇る歴史をじっくりたどることもできます。

宿泊の場合はちょっと予算オーバーという場合なら、昼食やティーラウンジ、夜のバータイムを利用したり、観光スポットとしても楽しめるので、ぜひ立ち寄ってみては?

お子さん連れの職場旅行におススメスポット

星の王子さまミュージアム

「箱根小涌園ユネッサン」は、水着で遊べるアミューズメントパークとして人気。天気に左右されない全天候型なので、お風呂でのんびりしたい人から、アクティブに騒ぎたい人まで、ぴったりな施設になっています。

オフィシャルホテルとして「箱根ホテル小涌園」や箱根小涌園の「美山楓林」、「天悠」、「B&Bパンシオン箱根」があり、お得な宿泊プランもあるので、まとめてお願いしてもいいでしょう。

ここでしかみることができないかわいい「バイカルアザラシショー」が人気の箱根水族館、「星の王子さま」をテーマにした世界唯一のミュージアム、完全復元された「箱根関所」は大人も楽しめるスポット。

貸切バスで移動するなら、行き帰りの途中、小田原に立ち寄るのもおススメ。鈴廣の「かまぼこ博物館」では、かまぼこやちくわの手作り体験が楽しめます。お土産購入を兼ねて、立ち寄ってもいいですね。

箱根社員旅行プランは
プロにまとめてお任せ!

箱根旅行の楽しみ方

絶景

箱根は絶景ポイントがいっぱい!

富士山や芦ノ湖、大涌谷など、感動的な美しい眺めが楽しめるエリアがいろいろあります。
特に大涌谷は、約3000年前に箱根の最高峰「神山」が、水蒸気爆発をおこした爆裂火口で、今もなお熱い水蒸気と硫気を噴出しているところ。ここから眺める富士山はまた格別で、かながわの景勝50選にも選ばれています。

四季折々の花々

四季折々の花々が楽しめる

春は桜。宮城野さくら祭りは、約600mにわたる早川堤沿いに植えられたソメイヨシノが美しく咲き誇り、夜間はライトアップされて幻想的な眺めに。
5月は小涌谷のつつじフェア、6~7月は大平台温泉街や箱根登山鉄道の線路沿いが、色とりどりのあじさいに彩られます。
9月後半からは仙石原のすすきまつり。
冬は芦之湯フラワーセンターで洋ランやベゴニアが楽しめます。

約20種類の泉質

約20種類の泉質

全山十七湯から、1日2万5千トンもの温泉が湧いているという箱根。アルカリ性単純温泉、食塩泉(ナトリウム-塩化物泉)、石膏泉(カルシウム-硫酸泉)など約20種類に及ぶ泉質があり、泊まる場所により、さまざまなお湯が楽しめます。
豊かな自然とともに、温泉にゆったりとつかり、心身ともにリラックスしましょう。

史跡・旧跡

史跡・旧跡を訪ねて

例えば旧東海道に残る古道の石畳。畑宿から湖畔まで往時の石畳が保存整備され、当時の面影をしのびながら散策することができます。
この他、国の重要文化財に指定されている箱根関所・資料館や石仏群、北条早雲像など多くの文化財がある早雲寺、箱根神社など、見ごたえのあるスポットもいろいろあります。

伝統工芸

伝統工芸を見て、体験

箱根の伝統工芸といえば、寄木細工。江戸時代より畑宿を中心に栄えた、箱根の寄木細工を展示・即売する施設「畑宿寄木会館」では、体験工房もあり、寄木コースターをつくることもできます(要予約)。
箱根やすらぎの森にある「森のふれあい館」では、木の実クラフトなど工芸体験もあり。お土産なら「箱根観光物産館」もおススメです。

箱根グルメ

箱根グルメなら・・・

豊富な湧き水、澄んだ空気に恵まれた箱根では、おそばや豆腐料理がおいしいのをご存じでしたか?相模湾と駿河湾の中間にあるので、もちろん魚介類もおいしい!
優雅に美術鑑賞の後は、箱根ガラスの森美術館や成川美術館でスイーツもおススメです。観光のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

箱根までのルート

関東エリアからは、アクセスが大変便利で、小田急ロマンスカーなら新宿から約1時間半程度。新幹線を利用すれば約50分。貸切バスなら仕事帰りにラクラク移動できます。また、名古屋からも新幹線「ひかり」を利用すれば1時間30分ぐらい。「こだま」でも2時間30分。大阪・京都からでも「ひかり」利用で3時間30分ぐらいでしょう。

貸切バスですが、20名までならマイクロバス、27名までなら中型バス、それ以上なら大型バスになります。東京駅出発で箱根まで利用するなら、片道およそ100km、途中トイレ休憩をいれても1時間30分程度。帰りは現地解散で、行きだけ利用したいという場合もあるかと思いますが、バス自体は東京まで戻る回送分を含めた料金になりますのでご注意を。

たんなる送迎で行きだけ利用(帰りだけ利用でも同じ)なら、大型バス6万~9万、中型バスなら5万~8万、マイクロバスなら4万~7万ぐらいでしょうか。翌日もそのまま観光に利用する場合は、1泊2日の利用となり、大型バスで15~21万、中型バスで14~20万、マイクロバスで13~19万ぐらいになります。駐車場や高速道路、運転手さんの宿泊料金などの実費も別にかかりますので、ご注意を。後部座席がコの字型に回転するサロンバスを希望する場合は、大型バス・中型バスをリクエストしましょう。

貸切バス希望の場合は、旅館・ホテル、宴会希望の有無、現地での観光やアクティビティの希望などと合わせて見積りをお願いするとスムーズです。電車の場合も団体割引適用があるので、こちらと比較したい場合は、その旨、リクエストするといいですよ!

ゴルフ組・観光組と別れて、グループ行動を考えているなら、現地で貸切マイクロバスを調達するのもおススメです。箱根登山鉄道や路線バスも充実しているので、箱根フリーパスを参加者に渡し、自由解散にしていいでしょう。

箱根旅行を成功させるコツ

まずは譲れない条件を明確にすることです。事前に社内アンケート等で、 どんな風に過ごしたいかを聞いておき、予算や日程に合わせてしぼりこんでいきましょう。アンケートをとるときも「史跡や旧跡巡りをする」、「伝統工芸を体験する」など、具体的なテーマをあらかじめ考えておき、希望を聞くようにするとスムーズです。

初めての幹事で進め方がわからない!という場合は「幹事の便利帳」をぜひ参考にしてみてください。

自分たちでなかなかプランが立てられないようであれば、「予算の範囲内でいい旅館に泊まりたい」、「有名な観光地を一通り廻れるプランが欲しい」など、見積り依頼の際に、旅行会社に伝えるようにすると、いいプランを提供してもらえますよ。

また、貸切バスを利用すると、周遊プランを立てやすくなります。湯河原・小田原に立ち寄ったり、熱海まで足を延ばしたり、あるいは、御殿場方面へ移動したりもスムーズ。インターネットなどで、よくあるバスツアープランなども参考になりますので、旅行の企画を考える前に、チェックしてみてもいいでしょう。

工場見学を組み込みたいなら、南足柄市に「アサヒビール神奈川工場」が、小田原にライオン小田原工場があります。横浜や鎌倉との周遊もおススメですよ。人気の崎陽軒やカップヌードルミュージアムは、1年前から予約が埋まってしまうほど!学校の遠足や子ども会旅行などを考えている場合は、工場見学だけでも予約をしておき、旅行全体のプランやスケジュールは、旅行会社に依頼するというのもアリです。

社員旅行netには、箱根エリアに強い旅行会社がそろっています。迷った時は、早め早めに相談しましょう。

写真提供:財団法人 箱根町観光協会
ページトップへ
社員旅行は、早めの準備がポイントです。まずは、社員旅行の見積りをまとめて取り寄せよう!
複数の社員旅行プランをご提案。一番希望に合う会社と打ち合わせすることで、スムーズに計画を進めていきましょう!
社員旅行 一括見積り
社員旅行 一括見積り

Copyright © Market Place Japan, Inc. All Rights Reserved.