社員旅行プラン
まとめて取り寄せ!

行き先に迷ってても、プロが条件に合わせて
提案してくれるので安心。
とりあえず第一希望を選んでどんどん相談しよう!

国内旅行一括見積り海外旅行一括見積り
国内の社員旅行で社員旅行netが選ばれる3つの理由
  • リピーター続々
    50,000件突破!2006年にサービス開始以来、何度もリピート利用してくださる幹事さん多数!
  • 社員旅行専門
    100社集結大手から地域密着型の旅行会社まで、ベテランの担当者が親身に相談にのります。
  • 入力時間
    最短1分入力にかかる時間はわずか1分程度。社員旅行専門の旅行会社を厳選紹介します!

一括見積りサービスの流れ

サイトから、まとめて慰安旅行のプランと見積り料金を取り寄せOK!しかも簡単!メールで24時間受付ていますので、いつでも気軽に問い合わせください。

  • 専用フォームに希望条件を入力
  • 旅行会社からプランと見積りが到着
  • 気に入ったら旅行会社と契約

参加旅行会社

無料一括見積りサービスについて

社員旅行は、個人の場合とは違い、会社のスケジュールの調整など大変です。また年齢や性別、上司や同僚などさまざまな立場の人たちが関わるだけに、何かと気を使います。

幹事を任されたからには、みんなが楽しめる社員旅行にしたいもの。
社員旅行netなら、イベント企画に強い・現地密着型…など、希望にそった旅行代理店を見つけることができます。団体旅行担当者が相談・手配をしてくれるため安心です。

一度に複数の旅行会社から、見積り依頼が可能です。社員旅行の段取りがわからないという幹事さんも、まずは相談してみましょう。

よくあるご質問

無料一括見積りサービスを利用すると何がいいの?
同じ目的地を旅する場合でも、手配する旅行会社が違えば提案してくれる旅行の内容(企画)や金額も異なります。 【社員旅行net】の無料一括見積りサービスなら、1度に3社まで同じ条件で24時間問合せが可能。見積りや提案してくれる企画やサービスをじっくり比較し、より自分たちの目的や希望に合った旅行会社を選ぶことができるので、幹事さんの負担もぐっと軽減されます。
見積りはどうやってお願いするの?
見積りボタンをクリックすると、入力画面がでてきます。こちらの項目に従って入力していくだけです。サイトのご利用はもちろん、見積りも無料です。お気軽にご依頼ください。

社員旅行が国内の場合は、【国内旅行をお考えの方】という赤いボタンから、海外の場合は、【海外旅行をお考えの方】という黄色いボタンからお進みください。
まだ詳細が決まってないけど見積りできる?
詳細が決まっているほど、正確な見積りが取れますが、下記項目だけでも決まっていれば、見積りは出せます。

行き先 / 日程 / 交通手段の希望(確定でなくてもOK) / 一人当たりの予算 / 参加人数(確定でなくてもOK) / 総予算概算 / お客様の所在地(出発地)

この他、アクティビティや観光の有無などは、希望があればできるだけご記入ください。
出発日のどのぐらい前に依頼すればいい?
国内の社員旅行の企画はだいたい3ヵ月前からスタートするところが多いようです。ただし、行楽シーズンや土日祝日などを希望される場合、予約がとりにくいため、早め早めに行動されることをオススメします。また、海外の場合はもう少し早くスタートした方が無難でしょう。
見積りはどうやって届きますか?
依頼先の旅行会社からメール・ファックス等で直接お客様あてに届きます。依頼内容で確認したいことがある場合は、お電話した上で、見積りをお送りします。 見積りの送り先に希望がある場合は、フォームの備考欄に「ファックス希望」「メール希望」などと記載されるとスムーズです。
見積りはどのぐらいで届きますか?
原則、2~3営業日で届きますが、依頼が集中したり、旅行シーズン中は返信が多少遅れる場合があります。連絡が遅い場合は【社員旅行net】事務局 support@syain-ryokou.com までメールでお問合せ(24時間受付)いただくか、見積り依頼いただいた際、事務局からお送りしたメールに記載されている旅行会社へ直接お問合せください。

社員旅行の行き先に迷う幹事さん多数!

社員旅行の行き先に迷う幹事さん

希望する行き先で「2か所以上で迷っている」を選択した幹事さんが最も多く、全体の約16%を占めます。

「2か所以上で迷っている」幹事さんが、「その他、行き先への希望」欄に2~5か所、希望するエリアや県名あげている割合は約33%。

残り約14%は「いい温泉を紹介してほしい」という要望。次いで「移動時間内で行けるところ」、「社員旅行で“やりたいこと”ができる場所」、「予算内で」が続きます。「どこでもいい、未定、おススメを提案してほしい」という要望は約7%もいらっしゃいました。

個人旅行であれば、自分たちの行きたいところを自由にイメージできますが、年代や立場もバラバラな団体・グループとなると、正直、どこに行くのがいいのかわからないというのが実情ではないでしょうか。

迷っているときは、社員旅行のプロに任せて、条件に合う行き先から提案してもらうのがベストといえそうです。

社員旅行の行き先、最近のトレンドは?

国内では「石川県」人気が著しくアップ!

国内
沖縄県
北海道
静岡県
神奈川県
石川県
温泉
箱根温泉
熱海温泉
伊豆温泉
草津温泉
和倉温泉

沖縄最も人気のある行き先は2016年度も沖縄!団体で訪れても楽しめる南のリゾート地として、不動の人気を獲得しています。2位から4位までは「北海道」、「静岡」、「神奈川」と変わらず。昨年の5位は東京と石川が同率でしたが、今年は石川が単独5位に。東京は12位と大幅にランクダウンしています。石川県は北陸新幹線開通でアクセスが良くなったことを受け、金沢21世紀美術館の入場者数も昨年対比で34.7% も入場者数を延ばしています。

北海道 定山渓北海道は、東京出発で人気の高い行き先ですが、意外に北海道内の会社や職場の社員旅行行き先として人気。関東近郊でいうと、箱根や熱海へ行く感覚で、登別温泉や定山渓温泉、小樽や函館、十勝へ足を延ばす感覚なのかもしれません。

静岡人気が衰えないのは、富士山、アウトレット、温泉、ゴルフ、おいしい海産物と旅行に求める条件をすべて兼ね備えているからでしょうか。神奈川近くて手頃な温泉、箱根があり、景勝地も多く、いろんな世代が満足できるオールラウンドな行き先といえるでしょうか。

長崎・ハウステンボス6位以下は、「大阪」、「栃木」、「福岡」、「京都」、「三重」の順でした。大阪人気はやはりなんといってもUSJ!東京ディズニーランド・ディズニーシーは相変わらずの入場者数を誇りますが、2016年は前年度対比で3.8%入場者数を減らしている一方で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、9.4%も入場者数を増やしているといいます。また、2015年では22位だった長崎が17位にランクアップ。これもハウステンボスが昨年対比で、入場者数11.2%増と過去最高だったことも影響しているのかもしれません。

ここが行きたい、と希望を出している人に比べると、行き先に迷っていいる人がなんと全体の約32%もいます。「関東近郊で」、「九州方面」、「関西・東海あたりで」など、エリア指定や複数の行き先を希望する人がいる一方で、「さっぱりわからない」、「提案してほしい」という迷える幹事さんも多数。「予算や移動時間、希望日数で提案してほしい」、「参加者の年代や性別でおススメは?」、「各地の営業所から集まりやすいところ」など、さまざまな要望がでていました。

個人旅行と違い、団体旅行の場合、行き先をどのように決めたらいいのかわからないというのは当然のこと。「社員旅行net」には、プロが集まっていますので、遠慮せずにどんどん相談しちゃいましょう。

(参考資料: 総合ユニコム 報道資料)

海外旅行は安定のグアムが人気

海外
グアム
台湾
韓国
ハワイ
タイ・プーケット

グアム海外の行き先では、手軽なビーチリゾートととして「グアム」が安定の1位が続いています。ビーチBBQや運動会など、みんなで一緒に楽しめるアクティビティが豊富で、ゴルフやマリンスポーツ、買い物、観光など、フリータイムの過ごし方もいろいろな選択肢があり、社員旅行向きの行き先といえるでしょう。

また、個人旅行でも人気がある「台湾」ですが、社員旅行ででかけても魅力的な観光先。台湾料理は大勢で楽しめるので、親睦を図るのにはぴったりです。ショッピングや夜市、茶芸、占い、マッサージなど、オプショナルツアーの選択肢が豊富。リーズナブルに楽しめるのも魅力のひとつになっています。

昨年は3位だったハワイは、韓国と順位が入れ替わりましたが、その差はわずか1ポイント!どちらも人気が拮抗しているようです。

プーケットまた、2015年は5位だったサイパン、2016年は8位へランクダウン。その代わり、タイ・プーケットが大躍進。昨年に比べ4倍近くも希望する団体が増えました。物価が安く、きれいなビーチでのんびりできる、関西からはアクセスがよいところが躍進の理由でしょうか。

シンガポールシンガポールも昨年は10位から6位まで、ベトナムは13位から9位まで、順位を延ばしています。シンガポールは、マーライオンやサンズ・スカイパーク(マリーナ・ベイ・サンズ)があるマリーナ・エリアに注目が集まっていますが、シンガポール動物園や超巨大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、ナイトサファリなども人気。ショッピングやグルメだけではなく、観光もバッチリです。

また、ベトナムは、ダナンやニャチャンなど、グアムやハワイに負けないきれいなビーチリゾートが注目を集めています。物価もやすくとてもリーズナブル。世界遺産の町「ホイアン」やハロン湾など、観光先もいろいろ。もうグアムは何回もいった、という場合は、ベトナムもおススメですよ!

社員旅行で多い要望は?

全体の要望は「宴会・パーティ」など、みんなで楽しめること

幹事さんからの要望で最も多いのはやはり「宴会・パーティ」希望。全体では82%が希望しています。国内旅行希望では78%、海外旅行では56%の方が希望。海外の場合は、そのうち2割の人がBBQ希望です。国内では飲み放題、カラオケ、二次会場の手配の他、芸妓・コンパニオンの手配を希望する方が約5%でした。

幹事さんからの要望で最も多いのはやはり「宴会・パーティ」

海外旅行で特徴的な要望は「カジノ」、「スパ・エステ」

海外で「宴会・パーティ」以外に希望が多いのは順に「観光」、「ゴルフ」、「マリンスポーツ」、「BBQ」、「買い物」。行き先にもよりますが、一番人気がグアムのため、海水浴を含めたマリンスポーツ人気が上位を占めます。

ユニークな要望としては、海外でしか楽しめない「カジノ」。行き先は韓国でがほとんどで、シンガポールやマカオなど東南アジア方面で楽しみたいというリクエストがありました。

もう一つは「スパ・エステ」希望で、男性がゴルフを楽しんでいる間、女性にという要望が目立ちました。

海外でしか楽しめない「カジノ」

国内旅行で特徴的なのは「釣り」、「テーマパーク」

国内の場合は多い順に「観光」、「温泉」、「体験プログラム」、「ゴルフ」、「工場見学」になっています。

ユニークな要望としては「釣り」。川釣りや海釣り、釣り堀など釣り場所はいろいろですが、みんなで一緒に地引網というのもありました。また、ホエールウォッチングやイルカウォッチングなど、季節限定での要望も!

メジャーな「東京ディズニーリゾート」、「ユニバーサルスタジオジャパン」の他、「長島スパーランド・なばなの里」、「スパリゾートハワイアンズ」も人気のテーマパークになっています。

釣り

社員旅行の話あれこれ

社員旅行は仕事の延長のようで楽しめない、という意見もあるようですが、最近はむしろ肯定的な意見が多いようです。過去に行われた調査をひもとくと、1990年代半ばまでは9割近くの企業が社員旅行を実施。2004年には約4割まで低下したものの、2009年には8.5割まで回復し、1990年代頃の水準まで戻りつつあるといわれています。

最近ではメールやラインなどのコミュニケーションが中心で、社員同士が顔を合わせたコミュニケーションが減っているというのが実情。職場の一体感や仲間同士助け合うという意識の低下に危機感を感じているという声をよくききます。

社員旅行だけではなく、運動会やBBQなど社員とその家族、派遣社員、パートも一緒に楽しめる社内行事を行う企業が増えているのは、そういう危機意識のあらわれかもしれませんね。

実際に参加した社員の声を拾ってみると、コミュニケーションがスムーズになったり、仕事に対するモチベーションがアップしたという報告もあります。

また、2017年に入ってからは「研修型」の社員旅行に注目が集まっているといいます。職場環境の改善を求めた「働き方改革」が提案され、プレミアム・フライデーなどがスタート。長時間労働を減らす一方、敬遠されがちだった社員旅行を「交流の場」として積極的に活用しようとする動きが強まっているといいます。

昔ながらの「宴会型」から、「内容重視」、「組織力UP」のものへ、チームビルディング人気もそのひとつです。また、家庭を持ち、子育てしながら働く女性への配慮から、宿泊・日帰りが選べるように、運動会やボーリング大会など、社内イベントと組み合わせた企画も増えているようです。

飲食中心の旧来型福利厚生で終わるのではなく、職場の魅力を発見したり、組織の力を引き出すような企画を盛り込み、企業にとっても社員にとってもプラスになるような社員旅行をぜひ、提案してもらいましょう!

(参考資料:日経電子版「社員旅行に運動会、企業の親睦行事、なぜ復活?」、西日本新聞「社員旅行、交流の場に再評価 宴会敬遠、「研修型」に脚光」より)

新着ニュース

Copyright © Market Place Japan, Inc. All Rights Reserved.