24時間対応・ご利用無料・全国対応! 国内旅行一括見積り 海外旅行一括見積り

新年会旅行はいかが?1月の社員旅行におススメの行き先

1月は新年会旅行がおススメ

あと1か月足らずで、2018年が始まります。

1月は新年のあいさつ回りや仕事始めで忙しい時期ですが、こんな時だからこそと、社員旅行を計画する会社もあるんですよ。

誰もが新たな気持ちでいるこの時期に、みんなで旅行をすれば、社員の絆が深まり、仕事への士気がますます高まりそうですね。

また、飲食関係のお店をやっている場合やサービス業の職場、商店街の集まりで旅行する場合、年末よりも1月の方が余裕があることが多いですよね!

そこで1月の社員旅行の実情や人気の行き先、編集部がオススメする旅行先についてご紹介します。

とはいえ、1月は最も社員旅行が少ないシーズン

「社員旅行net」のお客様ご利用データ1年分によると、1月の社員旅行件数は全体の5.3%。12か月のうちで、最も少ない数字になります。

やはり一般の企業にとって、仕事始めのこの時期は、年賀状の整理や顧客へのあいさつ回りなど仕事以外にやることが立て込んで、泊りがけで新年会旅行とはなかなかいかないようです。

ただサービス業など、年末年始にお店を開けているところもあるかと思います。

こうした職場の場合は、お正月明けにまとまった休みを取って、新年会を兼ねた職場旅行・慰安旅行を企画されてはいかがでしょうか?

旅館・ホテルの宿泊料金や交通費も、お正月は高めですが、1月後半になると比較的安く利用できます。

ちょっと贅沢をして、年末年始に頑張った社員たちをねぎらいましょう!

ちなみに1月の社員旅行、国内の行き先としては、どんな場所が人気なのでしょうか?

【1月の社員旅行・行き先ランキング・国内】

1位 沖縄
2位 北海道
3位 福岡

▼ 関連コンテンツ
≫沖縄社員旅行特集
≫北海道社員旅行特集
≫北海道エリア慰安旅行特集
≫九州・沖縄エリア慰安旅行特集

国内の1位は、沖縄。季節問わずに人気ですが、寒さが厳しいこの時期は、少しでも暖かいところで・・という心理が働くのでしょうか。

2位は、1位の沖縄とは真逆の北海道。寒い時期は思いっきり寒いところで過ごす!流氷や雪祭り、雪質のよいゲレンデでスキー・スノボーなど、北海道でしか味わえないことがたくさんあります。

3位は、福岡。比較的温暖な気候に加え、美しい風景やグルメと観光スポットが充実しています。1月なら、美しいイルミネーションを各所で見ることもできますね。

【1月の社員旅行・行き先ランキング・海外】

1位 グアム
2位 台湾
3位 韓国

海外のランキングにあがった、グアム、台湾、韓国は、年間通して不動の人気を誇っています。価格や距離などの面でも訪れやすく、リゾート気分も味わえる場所ですね。

▼ 関連コンテンツ
≫グアム社員旅行特集
≫台湾社員旅行特集
≫韓国社員旅行特集

編集部がオススメする1月の社員旅行行き先は「金沢」

1月の社員旅行・慰安旅行として編集部がオススメするのは石川県の「金沢」

美しい景観や美味しい海の幸で、「しっとり」楽しむのもよし!スキーやスノボーで「アクティブ」に楽しむのもよし!世代を超えて誰もが満足できる地です。

また金沢のカニは、この時期が一番美味しいんですよ。

カニだけでなく、甘エビや牡蠣などもシーズンになりますので、ぜひ新鮮な海の幸を味わいに行ってみてください。

年齢が高め、女性多めの社員旅行・慰安旅行なら・・・

参加者の顔ぶれが年齢高め、女性多めだと喜ばれる行き先。おいしいものを食べてのんびり過ごせるように、スケジュールに余裕を持たせたプランにするのがおススメです。

<兼六園>

日本三大名園「兼六園」。雪をまとった美しさには見とれるばかりです。

金沢の名勝、冬の兼六園

(写真提供:金沢市)

現在、金沢城跡などを含め、世界遺産登録を目指している「兼六園」は前田家の庭園として作られました。

冬の風物詩・雪吊りは、11月ごろから設置作業が始められ、3月中旬ごろまで見ることができます。雪化粧に彩られた兼六園の美しさは目を見張るほど。

11月~2月末までは、朝6時から7時45分までは無料で入園することができるので、空気の澄んだ静かな兼六園で、すがすがしい朝を迎えるのもオススメです。

●スポット名:金沢城と兼六園
● 石川県金沢市兼六町1番4号
● アクセス:路線バスで金沢駅から「兼六園下・金沢城」バス停下車後、徒歩2分、タクシーで金沢駅から約10分
●兼六園の入園料:大人(18歳以上)310円、子ども(6歳~18歳未満)100円
※団体は30名以上で割引あり

<湯桶温泉>

金沢の奥座敷「湯涌温泉」で、都会の喧騒を忘れましょう。

金沢の奥座敷といわれる湯涌温泉

(写真提供:金沢市)

知る人ぞ知る山里の秘湯。それが湯涌(ゆわく)温泉です。温泉だけでなく、この地で味わえる「加賀料理」も絶品です。

穏やかな時間が流れる温泉街で、しっとりと日頃の疲れを癒してください。

●スポット名:湯涌温泉
●石川県金沢市湯涌町、湯涌荒屋町
●アクセス:路線バスで金沢駅より湯涌温泉行で「湯涌温泉」下車約55分
●問い合わせ先:湯涌温泉観光協会

<加能カニ>

金沢の冬は、美味の宝庫。中でも「加能カニ」は絶品です!

金沢の冬を彩る加能カニ!

(写真提供:金沢市)

石川県で水揚げされる松葉カニ(ずわいカニ)は、「加能(かのう)カニ」と呼ばれ、毎年11月6日から漁が解禁されます。

「加能カニ」は石川県・金沢漁港に水揚げされた雄のズワイガニのことを言い、体はやや小ぶりですが、身がプリプリしており、甘く濃い味わいが特徴です。
お造り、焼きもの、ご飯・・、甲羅に詰まったカニ味噌と様々な食べ方でご堪能ください。

ちなみに同じ雄のズワイガニが福井で水揚げされると「越前カニ」になり、京都で伊豆上げされると「松葉カニ」や「間人ガニ」になる・・・というややこしさ。味の違いは・・・?カニ巡りしてみる??

若者多め、アクティブ派が多い社員旅行・慰安旅行なら・・・

若い世代が多い職場や、スポーツ好きなどのアクティブ派が多い部署の場合におススメの行き先。スノーリゾートでスノボや雪遊びを楽しんで、もちろんおいしいものもしっかりいただく。人気スポットも取り入れたプランにすると満足度UPです。

<白山セイモアスキー場>

白山セイモアスキー場は、金沢駅から40分程度(直行バスあり)とアクセス抜群!

冬の慰安旅行にスキーはおススメ

※写真はイメージです。

様々なコース(斜面)が設けられているので、初心者から上級者まで楽しむことができます。ジャンプやBOXが備えられたパークもあるのでアクションに挑戦も可能。施設設備(トイレなど)や、レストランも充実しているので、安心して利用できるスキー場です。

●スポット名:白山セイモアスキー場
●住所:石川県白山市河内町内尾
●アクセス:金沢駅東口より、ゲレンデ直行バスあり

<金沢21世紀美術館>

2004年に開館した「金沢21世紀美術館」は、新しい体験ができる注目施設。

金沢21世紀美術館は大人気

(写真提供:金沢市)

2016年の美術館入場者数は、前年対比で7.6ポイントも伸ばし、東京の国立新美術館に次いで2位です(総合ユニコム・報道資料より)。

「ブルー・プラネット・スカイ」や「スイミング・プール」の作品は、大人も子供もワクワクすること間違いなし!いつも仕事の話ばかりしている同僚たちと、アートな話で盛り上がるのも良いですね。

●スポット名:金沢21世紀美術館
●住所:石川県金沢市広坂1-2-1
●Tel:076-220-2800(代表)
●開館日:展覧会ゾーン10時~18時(金・土は20時まで)、月曜日・年末年始休館
※入館は無料ですが、展覧会ゾーンは別途観覧券(有料)になります。

<近江町市場>

金沢の冬は、海の幸が美味しい季節。ココならではのグルメを安く味わいたいなら、近江町市場に行ってみましょう。

金沢の台所、近江町市場

(写真提供:金沢市)

170店舗近くある市場の各店頭には、冬が旬のカニや甘エビ、牡蠣などが並びます。市場内の食堂では、新鮮な魚をリーズナブルな価格で食べることができますよ。

見ているだけでも楽しい場内。近江町市場でお土産を購入して、職場のみんなと鍋料理で二次会・・・なんていうのも楽しそうです。

●スポット名:近江市場
●住所:石川県金沢市上近江町50
● アクセス:金沢駅からバスで3分(北陸鉄道バス)

1月の社員旅行まとめ

1月の社員旅行・慰安旅行事情とおすすめの旅行先について、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

1月の社員旅行件数は少ないとは言いますが、個人ででかける場合、スキー・スノボーなどのウインタースポーツを楽しむグループ客の利用も多く、人気の宿は相変わらず予約が取りにくい状態です。

1月後半、特に平日は格安で行ける可能性大!ちょっと良い宿を・・・とお考えの方は、できるだけ早めに計画を立て始めてください。

「社員旅行net」では、様々な旅行会社からお客様のプランに合ったお見積りを無料で提出させていただいています。

年末年始の忙しい時期ですが、プロに任せれば安心。楽しい新年会旅行をぜひ、「社員旅行net」で、ラクラク旅行準備始めちゃいましょう!

▼ 関連コンテンツ
≫国内社員旅行の行き先に迷っているなら?
≫宴会宿泊プランプランニングのコツ
≫社員旅行の予算は3万円以下が人気。みんなの予算と日程を徹底調査!
≫社員旅行の準備!社内アンケートの作り方
≫社員旅行の一括見積サイト「社員旅行ネット」の使い方
≫見積もりがとれる旅行会社一覧

 

社員旅行プランをまとめて取り寄せ!

社員旅行 一括見積り 社員旅行 一括見積り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. かきの環プロジェクトとは
    社員同士の結束を強めたり、コミュニケーションを深めたいと思っていても、なかなかうまくいかないという企…
  2. 社員旅行_地域活性_視察_馬路村
    地域活性化に成功したモデルとして注目を集めている馬路村。村を丸ごとブランディングし、年商33億円の売…
  3. ウイラーレストランバスの新コース登場
    東京観光の目玉として話題を呼んでいるWILLERの「東京レストランバス」。2018年12月より2台目…
  4. ますや旅館の外観
    最近、アメリカでも注目を集めている卓球!日本では毎年、温泉卓球大会まで開かれています。今回は映画「卓…
  • 箱根旅行を楽しむ
  • 韓国旅行を楽しむ
  • 沖縄旅行を楽しむ
  • 北海道旅行を楽しむ
  • 熱海旅行を楽しむ
  • 伊豆旅行を楽しむ
  • グアム旅行を楽しむ
  • 台湾旅行を楽しむ
ページ上部へ戻る